あぱのログ

拙い言葉を綴り残す

あえて言おう、物欲じゃない、理論であると

…かくいう僕の抱負は、「さすがに貯金する」です。…

…たぶん「突発的な消費を抑える」が一番大事な気がします。… 

…「今年買いたいもの」を今の段階で絞っておけば…

…引用「今年度物欲天井爆破記事」より

 

さて、みなさんこんにちは。

平平日からあぱです。

   

 

私前回、「今年は貯金するから、そのために欲しいものを絞っておけばいいんじゃないか?」という記事を書きました。そこで、カメラ・いいイヤホン・冷温機を挙げ、「高いけど、がんばるぞい!」と言ったばかりでした。

そんな私の手元に届いたのは、

f:id:ikoyarap:20180122182544j:plain

Xperia XZ Premiumでした…………。

 

 

なんでこのタイミングで買ったん

結論から言いましょう、

f:id:ikoyarap:20180122182752j:plain

nuroモバイル X Xperia | nuroモバイル

これです。所謂格安SIM

 

僕は一昨年頃、ノリでiPadを契約しましてですね。メインAndroid&サブiPadで結構充実した日々を楽しんでおりました。ただ一点の不満点を除いて。

それが月々の通信費です。メインで9000円ちょい、サブiPadとはいえ3000円。なかなか手厳しい値段です。月12000円が12回。…24万はa○に絞られていたわけですね。

 

金欠が切羽詰まってくると見直していったのが家計簿。そして先程の通信費のウェイトの厚さに頭を抱えておりました。が、そんな時一つの考えが浮かびます。あ~そうだ、格安SIMにすりゃいいんじゃあねえか。

 

世間的にも認知度が高まってきた格安SIM。所謂3大キャリアの通信パイプをちょっと借りることで、安く・かつ広域で通信できるというわけですね。もっとも、キャリアに比べてパイプが細いので、ちょっと重たくなる時間帯もあるわけですが。それでも有り余る値段の安さが魅力です。

 

f:id:ikoyarap:20180122184006p:plain

そんな中Twitterを観ていると飛び込んできたのがさっきのページSONYdocomoの回線を借りて運営しているnuroモバイルが、Xperia XZ Premiumを取り扱い&キャッシュバックキャンペーンを行うというのです。

額はどうでもいいんです、キャンペーンを行っている=タイミングはいいよ~~?という機会。端末代とか諸々でなんぼかかるか全く計算していないのに、気づいたときにはMNP番号を予約していました。

 

そして、額はどうでもいいという単語に後々後悔するということは、明快なのである…

 

 

通信状況はまだ全然体感していない

日曜日の晩に届き今現在書いているので、ぶっちゃけ昼の混雑帯の通信状況はまだ体感していません。

というかそもそも、一般的な昼休み僕普通に営業しているので、逆にいいんじゃねえか?ということに気づき始めました。来ましたね…?

 

 

 

肝心の価格

 

僕が今回選択したプランが、

「プレミアム帯域(2000円)」+「データ通信・音声通話月6GB」というプラン。

プレミアム帯域っていうのは、格安SIM内でもいい道を使わせてあげるね!というもの。なので正直通信状況が弱いっていうのがあんまりならないんです。

月6GBの音声通話込みは2200円。すなわち4200円ですね。格安SIMではぶちゃけ高い方ですが、今まで端末量コミコミで9000円払っていたと考えるとびっくりするほどユートピアですね(死語)

プレミアム帯域、音声通話で少し価格は上がりますが、1年目は月2100円割り引かれるので、一年目は…あれ…?半額じゃね…?!

ということで、一年目の12ヶ月はなんと2100円ですね。こりゃハゲる。

f:id:ikoyarap:20180122200648p:plain

(実際はこれと端末料金。僕は5回分割払いにしました。ぶっちゃけそっちのダメージが痛い)

 

ほぼ最新モデルの端末を、こんな価格帯で使えるってなるのは…いや普通に考えてデカイ。これは理論的買い物ですよ。これからの無駄な出費を抑えるためのね…!(端末料金)

 

12ヶ月2100円=42000円12ヶ月12000円=240000円

乗り換えたのを含めても安いです。落ち着いたらタブレット用のSIMも申し込みしよっと。

 

 

とまぁ、格安SIMにようやく取り憑かれた男のハッピー報告でしたが、

みなさんもぜひ見直してみてはいかがでしょう。

 

   

 

ほんでもってなんやねん

→次は機種本体について色々やる記事を書こうかなと思います。