あぱの日記帳

拙い言葉を綴る

KINGDOM HEARTS Orchestra-World tour-東京公演を観てきました(ネタバレ防止で内容が無いです)

時は2017年3月10日。

場所は東京国際フォーラムにて、僕が愛してやまないゲームKINGDOM HEARTSのオーケストラ公演がありました。

以前にも記事に起こしたあれの、本番みたいなものです。(前もしっかり本番でしたが)

 

f:id:ikoyarap:20130219094733j:plain

前回の記事は↓

apa.hatenablog.com

 

 

17卒の新卒で、次の4月から就職することが決まっていた僕は、東京に引っ越すこともありお家を探していました。

1月下旬に探していたのですが、その時の条件に

「3月10日には東京にはいれること」を挙げていました。それはなぜかって?

このオーケストラがあったからなんですよね~~~~~~今思えばコスパ悪~~~~~~~!!!

 

 

そのおかげもあってか無事に引っ越しも済み、いざ迎えたオーケストラ当日です。

前回はがんばってチケットを当てた僕ですが、今回ものの見事にスカしまくってしまいました。

ただ、友達のたつみんが二枚応募で見事当ててくれていたので一緒に行ってきました!ありがたいことです。

 

f:id:ikoyarap:20170416222921j:plain

チケットは今回もかわいらしい見た目。

前回と違うところと言われればソラが正装になっていることですね。

ピシッと決めてます。

 

 

前回もあったように今回も物販がありました。

前回はTシャツ2種類色違いと、パンフレットを購入。

パンフレットの有用性にただただ興奮していたことがまだ印象深いです。

 

 

今回はなんと、公演で演奏される楽曲のサントラが発売していたのでパンフレットとともに購入しました。

無類のサントラ好きなのではちゃめちゃにありがたかったです。

(なおその期間はパソコンが壊れていたのでまだ聞けていない)

 

 

無事に物販を購入した後は会場入り。

今回の席は43列となかなか後ろ気味でしたが、ステージはきちんと一望できる場所です。

やはりオーケストラ会場になるところ、どこもかしこも荘厳な感じが出ますね。

ここで夏に米津玄師はライブをするのか…なんだあいつ…

 

 

 

開演までパンフレットを眺めながらたつみんと話をして時間を待ちます。

一人のときよりもやはり時間が経つのは早いですね。ありがたいことです。

 

f:id:ikoyarap:20170416223008j:plain

↑極限までネタバレ等を防いだ結果

 

今回の公演はワールドツアーということもあり、日本語と英語が両方描かれていました。

作曲家下村陽子さんとディレクター野村哲也さんの対談のページも有り、ファンには眉唾もののパンフレットになっています。

 

 

 

会場が暗転、開演です。

7月に大阪公演があるので、プログラムは全部を載せようとは思いませんが、やはり語るに尽くせない部分もあるため少しずつ触れていこうと思います。

 

 

開幕はやはりDestati。

正直言うと前回のFirst breath公演に行くまでそんなに大事だと思っていなかった曲ですが、Fb公演を観て一転。

光と闇がテーマの一部であろうKHを語る上では確実に触れなければならない曲になりました。

 

以前はコンサートということもあり楽器だけで全てを表現していましたが、今回はオーケストラ。なんと声楽隊も参加し、荘厳さに拍車がかかっています。

よくよく考えるとあぁいった声楽は生で初めてかもしれません。音圧が違う…。

 

 

あと、前回との大きな違いとして、ステージに巨大モニターがあり、ムービーを流しながら音楽を聴くというまさに没入感がすごい演出がありました。

ところどころ「あれ?このシーンこれやったっけ?」というズレもありましたがもはやそれさえも味に思えてしまうほどです。

 

 

今回は一曲ずつにスポットライトを当てて余すところなく、というわけにも行かず、例を上げて言うならば

「ディズニーリミックスメドレー」、「テーマソングメドレー」、「ラスボスメドレー」のような感じでメドレーが主体な感じがしました。

もちろん僕が大好きなあれをやりました。やっぱり泣きました。

 

 

 

 

…なんていうんでしょうか。ネタバレを避けるために何も書けないんですけどもね!!

大阪公演の時は(無事にまた友達が当ててくれました)存分に書き散らかしたいと思っております。

 

その時まで少しおまちくださいませ…!