あぱの日記帳

拙い言葉を綴る

やぁ、小市民たち[CIVILIANのライブを観てきました]

音楽 音楽-オススメ 音楽-ライブ

さぁさぁ最近のメイン話題ライブのお話に参りましょう。

 

先日Lyu:Lyuとヒトリエの対バンがあったよっていう話をしたばかりですが、

10月5日にLyu:Lyu改めCIVILIANのワンマンライブがこれまた大阪梅田Shangri-Laであったので行ってまいりました。

f:id:ikoyarap:20161007024610j:plain

CIVILIANは日本のロックバンド。ギターボーカル、ベース、ドラムの3人で構成されているスリーピースバンドである。2016年7月18日付でLyu:LyuからCIVILIANに改名した。同年11月23日、Sony Music Recordsよりメジャーデビュー。 (Wikipedia)

   

 

 

さてさて、以前の対バンと同じ会場にて行われたワンマンライブ。

以前と変わったことと言えば、なんといってもそう「バンド名」でしょうか。

 

 

Lyu:Lyuから今年の8月をもってバンド名をCIVILIANに改名、

今回改名後ということで8年目のキャリアにして「二回目の初めてのワンマンツアー」Hello,Civiliansを行いました。

日本語って難しいですね。

 

 

僕がそもそもLyu:Lyuを好きになった期間というのは、Lyu:Lyuが少しおやすみしている期間だったので、

ワンマンツアーと言われてもお、やるのね、みたいな具合でした。

 

 

しかし前回の対バンで度肝を抜かれたバンドサウンドにビビり、行くことを決意。

ワクワクした気持ちで会場へ。

f:id:ikoyarap:20161005180553j:plain

 

 

当日は台風が近づいているということもあり、客足が心配されましたが、

その心配は杞憂であったようで。なかなかな人数がライブハウスにはいました。

 

 

ライブが開演。

まずは改名後初のシングルとして発売された「Bake no kawa」から。


CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu)『Bake no kawa』MV -Full ver.-

前回の対バン時には初披露で度肝を抜かれる音圧でビックリしましたが、

今となっては音源で聞きまくる曲へ。

3人で鳴らせる音楽なのかこれは、と毎回思います。

歌詞としてもSNSのことを謳った話でもあるので、風刺のような感じも。

 

 

「CIVILIANです、今日は一緒に楽しみましょう」というボーカルのコヤマさんの声から始まったライブですが、

序盤はCIVILIAN→Lyu:Lyu→CIVILIAN→…というような交互に披露されていくセットリストでした。

(Twitterでひろったものをお借りさせてもらいます。)

*1

 

全部書いてるとさすがにヤバイ(語彙力)ので、僕が感じたものをば。

自室内復讐論

この曲はBake no kawaのカップリングに収録されているものなんですが、

アコギからはじまる爽やかな曲からは想像がつかないような歌詞が入ってましてですね。

まぁタイトルからみてわかると思うんですけども。

ねえ こんな事でしか 笑えないのは

おかしいことですか きっとそうでしょう

ああ 頭の中で あいつ滅茶苦茶にして

やっと少しだけ 楽しくなりました 

 という。サビがこれですからね。破壊力そのものですが、聞いていると案外気にならないのがまたすごい。

 

君から電話が来たよ

コヤマさんが始まる前に言っていたセリフに安心を覚えた曲。

「僕達がどんな場所でどんなフィールドでメジャーでもそうでなくても

やり続けるであろう大切な曲です。」ということ。

アルバムを聞いているとこの曲の異色さにすごくおぉっと思うこの曲は、

どこか可愛らしさの中にある日常的な恐ろしさが潜む曲だな、なんて思います。

ライブで見るとまた迫真さに拍車がかかっていて印象的です。

 

愛/憎

今ドラマでやっている、脚本バカリズム・主演船越英一郎の「黒い十人の女」の主題歌になったこの曲。

発売が11月23日とあってまだ誰もその曲の全貌を聞いたことがありません。

ドラマでも主題歌とはいったもののぼんやりと流れている程度なので、

しっかりとした音楽を聞いたのは5日にあの場にいた人が初めてだそうです。

 

肝心な中身なんですが、いい意味でドラマに合わせた、でもらしさがある曲で。

ダークだけどかっこいい曲でした。

(覚えてないのかとか言うのはNG)

 

 

3331

こちらの曲、実はっていうか前回も言ったんですが

Vo.のコヤマさんが元ナノウというボカロPで、その頃の曲をバンドでカバーしたということで、

今回が初披露だったわけですね。

 

 

初音ミク版がニコ動にしかなかったのでこちらを。

過去にはランキング1位を取ったこともあるため、もしかしたら知っている人もいるかもしれません。

そんな曲がパワーアップしてカバーされ、次に発売される愛/憎に収録されるというではありませんか。

いやええぇ。はい。買いましょう。(雑)

 

ぜんぶあんたのせい

まだ発表されていないので本当にこのタイトルになるかはわからないんですが、

この曲まじでやばいです。

飛べるロック曲なのにコヤマさんの鬱屈した部分も見えて、そしてかっこいいっていうもう語彙力0になる曲でした。

この曲が早く音源化されることを待つばかりです。

 

メシア

この曲、Lyu:LyuやらCIVILIANの名前を出すたびに出してるのでそろそろ覚えていただけたかなと思ってるんですけどもね。

やっぱりこの曲があって知れたので、パワーが段違いです。

コヤマさんの歌声から始まったイントロで会場の空気もスッと変化したのを肌で感じました。

最近あったこともあり、噛みしめるように聞き入ったことを覚えています。

 

 

 

とまぁこんな感じです。

好きな曲もたくさんやってくれたり、新しい曲もやってくれたりと様々な顔が見れたすごいライブでした。

 

f:id:ikoyarap:20161005205100j:plain

終演後。ドラムが後ろじゃないっていうセットも好き。

有田さんのドラムはいつ見ても力強くて元気が出るなあと思います。

 

 

 

また、当日は愛/憎の予約も行われており、ちょうど予約していなかった僕はすかさず予約を。

すると大阪会場限定の

f:id:ikoyarap:20161007022543j:plain

サイン色紙ももらえました。

家に帰って速攻はりました。お陰で斜めってる。

 

 

また、会場に来てくれたみんなへ、ということでコヤマさん録り下ろしのCDが全員に配布されました。太っ腹すぎる。

f:id:ikoyarap:20161005210401j:plain

内容は自室内復讐論のアコースティックバージョンと、それのオフボーカル版の二曲です。

自室内復讐論は好きな曲なのでバリエーションが増えて嬉しいですね~。

CD自体にもサインが施されていて、ファンには嬉しい一枚になるなと思います。

 

東京編でも配布されると聞いたので、これの中身が違うかったらウオオアアアってなっちゃいますね。はい。

 

 

 

ということで、久しぶりにすごくいいライブを聞いて、いろんなものを手にして帰ってきたなと思いました。

すさまじく幸せなライブだった。

という、「Hello,Civilians」ツアー初日の感想でした。 

 

 

CIVILIANになって純粋に音楽を聞いてほしいと言っていたコヤマさん、

これからも様々な曲ができるのが本当に楽しみだなと思います。

 

*1:Bake no kawa

カッターナイフと冷たい夜

自室内復讐論

爽やかな逃走

君から電話が来たよ

文学少年の憂鬱

新曲

愛/憎

3331

ぜんぶあんたのせい

空-カラ-

メシア

En.

Started World

心臓