あぱの日記帳

拙い言葉を綴る

雑記・『ルール』の優先度合い

日記 日記-雑記

こんばんみ!

そういえば年が明けてから何も書いてませんでした。てへぺろり。

あけましておめでとうございます。

本年も…っていっても、もう一月が過ぎようとしていますね。

 

早いもので、もうぼくも21歳です。

アイシールド、ブラックジャック、センチュリー21~みたいな、

何かたぶんいい数字なのでいい年にできるようにしたいですね。

気張り過ぎないよにしつつ。

 

 

さて今年の運勢が末吉だった僕ですが、

ある就活サイトで適正診断みたいなのがありまして、

その結果に出てきた

「正しいことを正しい時に行い、それが認められた時に快感を得る」

という文章。これほんとズドンときまして。

 

確かに自分で言うのも何なんですけども、

人生的には真面目な方の道を通ってきたつもりの生き方をしていて。

ネガティブに言っていくと自分が正しいと思っていれば少数派に転がることも普通に、

というか多々あります。

 

でも弱みとして人に怒ることができないんですよね。

だから大きな喧嘩もしたことがないんです。たぶんこれほんとによくない気が。

 

 

とまぁ、さっきの文章で自分の中のこの感じはなんなんだろうという部分が

ハッキリと明確化されたのが非常に大きかったりします。

そんなことを書きたかった。

 

 

 

あと、自転車で帰ってる時にふと考え事をする、ってことがよくあるんですけど、

読んでくれてる人(いるのかな)は、

「ルール」って物事に携わるときどの優先度になると思いますかね?

 

 

例えばの話、もし野球というスポーツをすることになって、

本当に0からのスタートで何もわからない時、どういう方向に転ぶかということです。

それを

「楽しさ」「見た目のかっこよさ」「ルールに則っているか」

「勝つこと」「上手さ」

に分けるとするじゃないですか。まぁ例えば、なので。

 

 

それが遊びであるのならば、優先度的には

楽しさ>勝つこと>かっこよさ>上手さ>ルール

って感じになるんじゃないですかね。あくまでも個人的に。

 

 

でも真剣にすべきことであるならば、

ルール>上手さ>勝つこと>かっこよさ>楽しさ

ってなってきたりするんですよね。まぁ例えばなので中身は正直どうでもいいんですよ。

 

 

まぁわかりにくい喩え話は置いておいて、

僕は昔からルールを支配するものが全てを支配すると思ってたりします。

 

 

書いてるうちによくわからなくなってきてしまった。

要するに、将来的に何かを教えることになったのならば、

フォームより何よりルールを叩き込むことにしよう、なんておもったということです。

そういうことを書きたかった。

 

複雑なゲームならばなおさら、基礎を固めていたことに感謝する日がいつか来ると思います。

splatoonを引き合いに出すのもおかしい話ですけど、

延長戦なんか度々ルールで負けることも多々あります。

 

ザックリの話ですけど、ヤグラという乗り物に乗ってる間カウントを進められるモードで、

負け状態で時間切れになり、その時にこちらが乗っていると

相手にヤグラ主導権が渡る、もしくはヤグラがニュートラルポジションに戻るまでは

最後の攻めができるなんていう状態

=すなわち延長戦なんですけど、

 

その時にヤグラも放置して敵さんを倒しに行くなんていう感じですね。

確かに重要ではあるんですけど、その前にヤグラが戻ると負けということを放棄して

敵さんを倒しに行くのはいかがなもの、いやイカがなものなのかと。

 

そういうことですね。だからわからないまま楽しめりゃいいや、よりも

わかったうえでの攻防が一番楽しいんじゃないかなと思うんですよね僕は。

 

ただし、これは生き方としての「正しいことを…」の性格である僕だからの話なのかもしれませんが。

そればっかりは僕は一人なのでだれとも比較することができないため、わかりません。

 

 

ということを自転車に乗りながらザックリフワフワと考えていました。

そんな日です。

 

 

最近ブログ欲がすごいのですがいかんせんネタ枠がありません。

今はボケる気力がないのが虚しくもあり大人になったんだな(白目)と思うので

そういうのもありだと思いますね。

 

 

ではまた明日、あるいはまたいつか、もしくはさようなら。