あぱの日記帳

拙い言葉を綴る

精一杯日記!

日記 日記-雑記

こんばんは!

本日二度目となっております。あぱです。

うーん…

しっくりくる挨拶がこないな…

 

あいさつを考えよう。(唐突)

 

 

 

 

やっぱり、一目見ただけであぱがきた!っていうのが伝わる、

ということが肝心ですよね。

 

つまりはあぱが入っていればわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

そして朝昼晩、と見てくれている方がいるので

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」が必要ですね。

 

 

または夢の中で見てくれている人ももしかしたらいるんじゃないですかね。

ではなんでしょうか。「夢中ちゃす」的なね。

 

うん…「あはんちんばむせい」ですね。

 

 

なんだこれ。

 

 

 

 

 

只今絶賛ネタ切れ中でございます。

なので今思いついた再翻訳日記に切り替えていきたいと思います。

 

 

※再翻訳…

日本語の分を英語に訳して、それをまた日本語に訳すこと。

何かのあらすじとかだとおもしろくなるはず。

 

 

使用するのはGoogle先生

 

 

 

~~~ももたろう~~~

 

むかしむかし、祖母と祖父は、特定の場所に住んでいた。

Shibakariは山中にあり、私の祖父は、河川祖母に洗濯に行きました。

祖母とは、上流からのブラドンでバストに来ることが、洗濯された、大きな桃が流れて来ました。

あなたは山から帰ってきた老人と一緒に食べるようにしようと、私は、桃で返さので、健全な少年には、2つの桃で内部亀裂から出てきた。

喜びで子供のいない祖母と祖父は、私は非常に名前が重要と桃太郎育ちました。

 

桃太郎は、成長し、これはあなたが悪魔鬼ヶ島、団子祖母調理キビを征服するために外出していることを意味します。

鬼ヶ島への道、"1が作る"細木美団子犬が出てきた。のは、アテンダントに行こう。のが団子キビと行こう。アテンダントは、"次来る1猿"をご覧ください。 "うは団子キビに添付だ。アテンダントをお願い"一つは、この時間を飛んキジ。 "

3犬、サル、キジが桃太郎のしもべとなって、私はボートに鬼ヶ島に行ってきました。

 

鬼ヶ島、犬にかま、スクラッチ猿と大騒ぎしていた悪魔、キジTsuttsukiだった。

桃太郎は、金属棒で鬼の将軍を破っていた。 "悪いことはもう。またはない、" "これは最後の時間です。"

悪魔によって収集された車の宝物でパイルが悪い、犬が車を引っ張る、キジがロープを引っ張って、私は猿がブーストされている戻った。 "

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

ほとんどGoogle先生のおかげです。

もう自分で笑いすぎておかしくなってしまいました。

 

内部亀裂から桃太郎。

この時間を飛んキジ。

 

これはこどもに見せたくないですね。

 

 

暇で暇で寝る以外にすることないかなぁ、

とかいう時間つぶしにおすすめですよ!

ぜひやってみてください!

 

 

 

それではここらへんで!